介護脱毛って料金はどれくらい?|脱毛の他にどんな費用がかかるの?

サイトマップ

あなたの白髪の量はどのくらい?|白髪の量がでおすすめの方法が変わる

最近「介護脱毛」という言葉が気になり始めたあなた。

将来の介護に備えて、脱毛処理をするという考え方に興味はあるけれど、
料金もわからないし、そもそも「白髪には永久脱毛のレーザーが効かないと聞くし...」と悩んでいませんか?


そうなんです。白髪には色素がないので、永久脱毛に一般的に使われるレーザー脱毛は効きません
なぜなら、この方法では色素にレーザーを反応させて施術しているからです。
だからといって一時的にカラーリングなどで染めても、
レーザー照射に反応してほしい部分は染まらないのでやはりダメ。

というわけで、残念ながら白髪の部分にはレーザは使えません。


でも実は、白髪があっても可能な永久脱毛ってあるんです。

ただ、アンダーヘアの白髪の量でおすすめの方法は変わります。
いか、4タイプに分けてご紹介します。


(1)まだ全く白髪がない場合【完全に黒い場合】
(2)白髪がほんの少しという場合
(3)白髪がかなり増えてきた場合。ただ、もともとの毛の量が少ない場合
(4)白髪がかなり増えてきた場合で、もともとの毛の量も多い場合

(1)まだ全く白髪がない場合【完全に黒い場合】

この場合は、医療レーザーでの永久脱毛をおススメします。
なぜなら、医療レーザーはエステサロンのレーザー脱毛に比べて
レーザーの届く範囲が深く、効果が高いからです。
また、この医療レーザーは医療行為なので一般のエステサロンでは扱えません。

デメリットは、医療レーザーはある程度の痛みを伴うこと。
麻酔を使って貰っても全くの無痛とはいかないかもしれません。

また、エステのレーザー脱毛に比べて1回当たりの費用が高いことも
デメリットと言えるかもしれません。
ただ、エステのレーザーでは永久脱毛の効果は期待できないので、
「介護を受ける将来に今から備えておきたい」という
あなたの希望に応えるのは医療レーザーなのです。


なぜなら、エステの脱毛というのは永久脱毛の効果が期待できないからです。
つまり、5年後か10年後かわからない(もしかすると30年後かも?)
という、かなり先かもしれない将来に備えるものではないからです。

ただ、極端に痛みに弱いというかたの場合は、
あるいは麻酔は使いたくないというかたの場合は、
(4)の方法の方がいいかもしれません。

(2)白髪がほんの少しという場合

この場合は、(1)でご紹介した医療レーザーに「ニードル脱毛」を
併用する事をお奨めします。つまり、基本的には
医療レーザーで黒い毛を脱毛し、それが効かない残りの少量の白い毛を
1本1本ニードル脱毛してもらう方法です。

メリットは、黒い毛に対しては広範囲に照射出来るので早く処理が出来ることと、
白い毛については即効性があり、比較的短時間で処理が終わること。

デメリットは、ニードル脱毛は医療レーザー以上に痛みを伴うこと。

ですから、(1)でも書きましたが、
極端に痛みに弱いというかたの場合は、あるいは麻酔は使いたくない
というかたの場合は、やはり(4)の方法の方がいいかもしれません。


(3)白髪がかなり増えてきた場合。ただ、もともとの毛の量が少ない場合

この場合も、(2)と同様に医療レーザーに「ニードル脱毛」を
併用する事をお奨めします。なぜなら、


【ただいま工事中です。しばらくお待ちください】

「NEWER LIFE, NEWER STYLE 27」について

介護脱毛をしようか検討中だけど、脱毛料金やその他の費用が心配。
それにそろそろ白髪が出てきたんだけど、白髪は永久脱毛出来ないって本当?

白い毛があっても出来る方法・どこで受けるかのご紹介です。

Copyright © NEWER LIFE, NEWER STYLE 27. All rights reserved